「おしゃれ」はひとくくりにできない、、、

「おしゃれ」ってなんだろうってふと考えこみます。

 

一応友達の間では「服に詳しい人」ってイメージで通っているので

たまに着こなしとかファッションについて相談されます。

 

「どんな服がかっこいいのか」「どういう服装が合っているのか」

 

答えって無数にありますよね、、、

古着っぽい総柄シャツをタック入りパンツにインしたスタイルもかっこいいし

キャップに大きめカットソー、ガチャベルトを垂らすスタイルもいいと思う、そのベルトがY-3なら思わず振り返っちゃいます。

かと思えば麻のジャケットを颯爽と羽織って白のパンツ、足元はデッキシューズかエスパドリーユなおじさんもかっこいいと思う、渋いと思う。

もしくはいい感じに履き古されたオールスターとかスタンスミスを履いて、いい味出してるスウェットとかワークシャツ着てるおじさんもいい、そういう人がやってる古着屋があったら足しげく通いたい。

そしてもちろん絶妙なサイズ感で全身黒で固めたあのスタイルは最高にかっこいい。

 

ぱっと考えただけでもこれだけ「おしゃれ」がありました。

 

そしてこれ以外にもおしゃれはいっぱいあると思います。

昔を見たら何十年前のあの映画俳優の着こなしとか、ある音楽シーンであるアーティストがしていたスタイルとか。

今を見たら毎シーズン様々なブランドが新しく提案するモード達、インスタグラマーさん達のスナップとか。

 

そういうこと考えるとファッションって奥が深いな~と痛感します。

どこまでいっても楽しめるし、飽きさせないです。

うわーやっぱファッション面白いな~、もっと色々知りたいな~って思わせてくれます。

 

、、、そんなことをちびちびビールを飲みながら考える夏の夜でした(笑)